学生の時に、ひょんなことから購入した一眼レフを今でも愛用しています。

はじめは、行事の記録用の機材としか思っていなかったのですが、撮った写真を見返してみると、感情や情景が少しずつ読み取れるようになり、いつしか私は一眼レフに心を奪われていました。

眼で見たそれと、ファインダー越しのそれはまるで違い、学生時代の私は夢中でシャッターを切りました。

今、私はカメラマンではないので、もちろんそれでお金をもらうことはありません。所詮、趣味の域です。そこまで必死になる理由も自分でも分からないのですが、その素敵な瞬間が二度と起きないのならば、思い出としてだけではもったいないのではないかと思います。

技術も知識も浅はかな私ですが、誰かの笑顔の瞬間が他の誰かを笑顔にすることを考えて、シャッターを切り続けています。
アリシアクリニック大宮